ペット納骨便バナー

水の交換は毎朝の日課

納骨堂に日持ちのしない食べ物や水を供えるお客様もいらっしゃいます。果物や生菓子、生花などをお供えされる方の多くは「何日かたったら捨ててください」とスタッフに依頼していかれますし、私どもからも「生ものの場合は一言伝えてくださいね」とお願いしています。せっかくのお供えが腐ったりしては亡きペットに申し訳ありませんし、ほかのお客様にも迷惑ですからね。

水は未開封のペットボトルなら日持ちしますが、グラスなどに供えてある場合は、スタッフが毎朝必ず新しい水に交換するようにしています。ペットが亡くなって日が浅いうちは足繁くお参りにこられても、日にちがたっていくにつれて次第にお参りの間隔が開いていくのが普通ですから、ちゃんとお守りするのが私どもの務めだと考えているからです。

お客様も気づいてくださるようで、久しぶりにお参りにこられて「もしかして水を換えてくれました?」と尋ねられることがたまにあります。「毎日換えてるんですよ」と答えると、皆さん、「やっぱり。水がきれいだと思いました」と喜んでくださいますし、「毎日」だと知ってびっくりされる方もいらっしゃいます。
手厚く管理されていることが分かればお客様も安心してお骨を預けておけるはずですから、毎朝のこの日課はずっと続けていきたいと思っています。

大切なペットの納骨をお考えのご家族様へ

ペット納骨便バナー

ピースリーは、大切なペットのお骨を緑豊かな敷地で、明るく温かな陽の光が注ぐ、清らかな空気にあふれた土地へ手厚く納骨するお仕事をさせていただいております。お骨の置き場に困っている、近くにペット霊園がない、お庭がない、親族のペットのお骨があるなど、様々な方にご利用頂いています。